2008年06月06日

フェイシャルエステ専門用語

今や私達の生活により身近なものとなったエステ。
エステには様々な種類がありますが、中でも手軽に受けることができるのがお顔のエステ「フェイシャルエステ」ではないでしょうか。

フェイシャルエステは新聞や雑誌でも良く取り上げられていますが、カタカナの専門用語がとても多いですよね。一般的によく使われている専門用語をあげてみますね。

・吸引、キッシング・・・専門機器による施術です。 毛穴部分にガラス管をあてて、マシンの吸引機能で皮膚の深部にある汚れを吸い出します。 おでこや頬など広い部分には大きめの管、小鼻やあごなどせまい部分には小さめの管を使います。 

・スチーム・・・こちらも専門機器を使います。 温かい蒸気をお肌全体に当てながら施術していきます。 顔の血行を促進すれば毛穴が自然と開いていくので、様々な施術効果が高まるというわけなのです。 エステサロンといえばこのようなスチームを使うことが一般的でしたが、最近では使用する化粧品によって使わないサロンもあります。 

・デコルテ・・・首から胸元までの部分のことを言います。 
ほとんどのエステサロンではフェイシャルエステといえばお顔だけでなく、デコルテ部まで施術してくれます。 
施術を受ける時はネックレスなどは外しておき、首の開いた服を着て行くと良いですね。
・マスク・・・一般にいうパックのことです。 フェイシャルエステのメインイベントいえば、やはりこれですよね。マスクには様々な種類があり、サロンの数だけマスクの種類があるといっても過言ではありません。自分の目的に合った効果のあるマスクをしてくれるサロンを選びましょう。

・石膏パック・・・色々なパックの中の1つです。 水分を加えると発熱するという石膏の性質を利用した温かいパックですよ。温熱効果と密閉効果があるので、顔のむくみや老廃物がとれて、施術後には爽快感を味わうことができます。 

フェイシャルエステ美人倶楽部では、フェイシャルエステの種類やお勧め商品の紹介、人気エステサロン等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、「zqq11qq●yahoo.co.jp」●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by フェイシャルエステ at 05:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。